2017年のエンジニアリング振り返り

はてなに入社して4年経った。

2017年のエンジニアリング活動を一言でまとめてみよう。

時系列データベースの開発にはじまり、なぜかIPSJ-ONEで登壇し、その後IPSJ-ONEでの構想をベースにはてなシステム構想を考え始め、ウェブサイエンス研究会でストーリーとしてまとめ上げつつ新たな可能性に気づき、それを実践していく場としてウェブシステムアーキテクチャ(WSA)研究会を立ち上げた。

一方で、仕事では、昨年の振り返りに書いているように、エンジニアとしての専門性を発揮する機会が薄れてきたという問題意識が、いよいよ深刻な課題へと変貌したように感じている。それも残念ながら自分一人だけの問題ではなくなってきた。 この課題をエンジニアリングそのものではなく、人間のスケールアウトでは解決できない、組織アーキテクチャの課題であると捉えている。 組織アーキテクチャの課題を解くための鍵は、今のところ「未来を定義する」「未来に向かって集中して取り組める環境をつくる」ことだろうと仮定している。 前者の未来については前述のシステム構想があり、後者の方法論として今年実践する機会のあったプロジェクトマネジメントがある。

したがって、来年は、今年構想したビジョンを技術と組織の両輪を回し、実現し始める、ということが目標になる。 そしてその裏には、エンジニア個人としては技術を作る技術をやっていきたいと思いつつ、生活時間の大半である業務の課題はマネジメントであるというギャップをどう埋めて一つのストーリーとしていくかが重要になるだろう。

ここまで、いきなりまとめに入ったのだけれど、2017年に力を注いだ各トピックについて細かく振り返ってみる。

  • 時系列データベースの設計・開発・運用
  • 学術研究のアプローチとの出会いとビジョンの構想
  • プロジェクトマネジメント
  • アウトプット

時系列データベースの設計・開発・運用

開発した時系列データベース(TSDB)は、運用にのることに成功し、今のところクリティカルな問題を起こすことなく動いている。実装・運用面では、同僚のid:itchynyさん、id:astj さん、id:kizkoh さんの力によるところが大きい。

このTSDBのオレオレ実装を、半年毎日コード書いて頑張っていたのだけど、リリース前に疲弊しまくって睡眠もうまくとれなくなってしまったので、途中までになってしまった。https://github.com/yuuki/diamondb/ 個人でやるプロジェクトとしては、ひと通り動くまでに時間がかかりすぎ、細かくロードマップを引きづらかったので、サーベイを続けて、新たな課題を発見し、その課題を小さく解決する手法を編み出したい。

TSDBの開発は、大きな成果だと思っており、この知見を横展開するために、より汎用的なアーキテクチャにできないかと考えたのが、TimeFuzeアーキテクチャ構想だ。

時系列データベースに限らず、大規模な計算機システムのモニタリングを支えるデータ処理アーキテクチャが好きなので、今後のライフワークとしていきたい。

学術研究のアプローチとの出会いとビジョンの構想

突然だけど、id:matsumoto_r (まつもとりー)さんの昨年の振り返りをみてみよう。

さらに、id:y_uuki さんとは今年1年非常に仲良くさせていただいて、12月はなぜか毎週会って何かイベントごとをこなすようなぐらい、企業・アカデミア方面で関わることが多かったように思います。いつか、企業とアカデミアの両方の要素を含む新しい研究会みたいなものを一緒に作っていけるといいな、ぐらいに一方的に信頼しており、色々と今年は無茶をお願いしましたが、できるだけその無茶をちゃんと責任をもってサポートできるようにしたいと思います。

エンジニア・研究者とはどうあるべきか - 2016年振り返りと新生ペパボ福岡基盤チームの紹介 - 人間とウェブの未来

今年は、まつもとりーさんのおかげもあって、学術研究コミュニティとの関わりが深くなった年だった。 前述の 高度に発達したシステムの異常は神の怒りと見分けがつかない - IPSJ-ONE2017 - ゆううきブログ に始まり、まつもとりーさんの5年間の挑戦の最後を見届け matsumotoryさんの博士学位論文公聴会に参加し、見て聞いて考えたこと - ゆううきブログペパボ・はてな技術大会では考えたビジョンをみてもらって、自分なりにウェブシステム全体をみてストーリー化し、それに対して議論していただいて、最後は「企業とアカデミアの両方の要素を含む新しい研究会」としてウェブシステムアーキテクチャ研究会を一緒に立ち上げることができた。

その中で気づいたのは、学術研究のアプローチにより、ウェブシステムの分野におけるある種の限界を突破できるかもしれないということ。 ここでの限界というのは、同じことの繰り返しで積み上げによる進化をしていないじゃないか感と、シリコンバレーの巨人の西洋技術を取り入れるだけで自分たちの存在価値とはなんなのだろう感を指している。 それらに対するアプローチは既にあり、前者は体系化、後者は徹底したサーベイと自分なりの思考からの新規性ということになる。 このあたりのよもやまについてはTwitterにあれこれ書いていた

ちなみに、学術研究のアプローチを企業でのエンジニアリングに導入することで何が起きるかについては、まつもとりーさんの下記の2つの記事にすべて書かれている。*1

なにより重要なのは、そもそもなにがやりたいのかという自分の欲求と、それが実現したらどんな世界になるのかをイメージすることだとまつもとりーさんは何度もおっしゃっていた。*2 前者はともかく後者はまあいいんじゃないと思いがちだし、実際何度もそう思った。 特に現場の泥臭い運用をやっていれば、なおさらそう思う。 しかし、前者だけであれば個人の趣味でしかないので、食べていくために仕事をしないといけないとなると費やせる時間は限られる。 そこで、欲求が世界にどう作用するかを考えることで、やりたいことを仕事にできる...はず*3

こういうことをずっと考えていた1年だった。 こうしてちょっとずつ自分なりの道をつくりつつあるのも、まつもとりーさんのおかげだなあとしみじみ思います。いつもありがとうございます。

そういえば、同じように同僚の id:masayoshi にも僕のほうからいろいろ無茶を投げつけたのだけど、彼は僕よりもアカデミックのアプローチに精通していたり、技術力も上なのでもっと無茶振りしていこうと思った。来年こそはなんとかしたいねいろいろと。

プロジェクトマネジメント

時系列データベース開発とクラウド移行のプロジェクトを丸ごと任された結果、物事を前に進めるための条件というものがあることを体感で理解したように思う。 これをウェブオペレーションチームの一部で実践しはじめ、小さな範囲でうまくできそうだということがわかってきたので、来年はチームというか部署全体で適用していきたい。 これらについては、まだアウトプットしていないのでどこかでアウトプットしたい。daiksyさんの薦めで、RGST2018に応募していたのだけど、残念ながら選考で落ちてしまった。

SREの分野のマネジメントって、SRE本以外に世の中に知見があまりなく、逆にチャンスだと思うが、自分が追求することではないと思っているので、誰かこれをはてなで追求したい人がいないかを探している。

アウトプット

OSS

以前開発していたdrootが、[capze](https://github.com/yuuki/capze]とともにオンプレミス上の大きめのサービスで稼働しはじめ、明らかになったバグを修正したりしていた。

アーキテクチャ設計に関わった GoとMySQLを用いたジョブキューシステムを作るときに考えたこと - ゆううきブログ では、id:tarao さんにより Fireworq として実装され、公開された。今、1200 starsとかになっていてすごい。

ブログ

登壇内容をベースにそれをできるかぎりしっかり文章にまとめるということをやり続けている。 なぜかというと、アウトプットのスケーラビリティを非常に強く重視していて、登壇資料はあくまで当日その場のためのものであり、文章として後に残すことが自分のためにも重要だと考えているためだ。 最小のインプットで最大のアウトプットが鉄則。

登壇

過去最多の11本。とはいっても、数とかどこで登壇したかは問題ではなく、何を考え何を話したか、それぞれの登壇に何かしらの挑戦があったかが重要だと思う。

あとがき

エンジニアとしてやりたいことと、仕事で実際にやっていることとの乖離が大きくなってきた。 そもそも、仕事ではだいたいその場しのぎの解決しかできず、あとは家に帰ってがんばるということがこれまでほとんどではなかったかとすら思う。 世の中のすごいエンジニアもみんなそんなもので、もっとたくさんのプライベート時間を費やしているか、技術力が圧倒的だから少ない時間できれいに解決できるに違いない、自分はまだまだなのだという気持ちでいたのだけど、どうやら必ずしもそういうわけではなさそうだと感じはじめた。 人が増えれば解決するはずだと、信じていたが脆くもその願望が打ち砕かれつつある。サーバ増やしてもスケールしないのと同じでアーキテクチャの問題。

乖離を埋めるためには、どうしたらいいのか。 技術力を発揮するというより、組織やプロジェクトをマネジメントすることが必要だと自分で導出してしまったため、矛盾しているような気もする。 マネジメント、あれほどやりたくないと言っていたのだけど、それが課題となればやるしかない。 マネジメントといっても、人と調整したり協調したりすることはあまり得意ではない*4ため、自分の資質にしたがい、ビジョンとか戦略をつくって、それを達成するアーキテクチャを考え、アイディアをだして、最上志向だから不得手な部分は仲間(にどんどん任せていくというようにしてやっていきたい。

自分の技術力向上については、WSA研を目安に研究志向でアイデアをOSSとして実現しつつ、より高みを目指したアウトプットとして論文を書いていきたい。

最後にid:tomomiiさんの縁側トーク 道をつくるを載せておき、来年また思い出せるようにしておく。tomomiiさんに道の概念を話してもらってから、自分の道とはなにかということを頭のなかでずっと考えている気がする。

*1:前者は僭越ながらはてなブログ大賞に選出させていただきました。

*2:イメージすることについては、以前書いた記事で紹介させていただいた、イメージできることを実践するを連想する。

*3:本当はもうすこし深い意味があると思うのだけど、現状はこういう理解でいる

*4:id:dekokun に任せる!