読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究室のサーバに流行りのGrowthForecastを導入してみた

GrowthForecast - Lightning fast Graphing / Visualization

研究室で各サーバと部屋の温度をグラフ化して,値が異常ならメールで通知しろみたいなタスクが降ってきた.
もともと各サーバの統計値をMuninでグラフ化していたけれど,VMware VSphereが入ってる物理サーバの温度とれるようなプラグインないし,自分で書かないといけない感じになったり,Muninの設定とか調べるのだるい感じになってきたから,最近コード眺めてたGrowthForecastを使ってグラフ化しようと思った.

lm-sensorsやVsphereのAPI叩いて温度を取得し,GrowthForecastのAPIにPOSTする感じのスクリプトを作成して,各ノードからcronで定期実行すればできそう.

OSはUbuntu 12.04. curlをインストールしておく.

実行ユーザ作成

まずは,最低限の実行権限だけもたせた実行ユーザ growthforecastを作成する.

$ sudo groupadd growthforecast
$ sudo useradd -g growthforecast -d /home/growthforecast -s /sbin/nologin -m growthforecast

GrowthForecastインストール

$ sudo apt-get build-dep rrdtool
$ sudo -u growthforecast curl -kL http://install.perlbrew.pl | sudo -u growthforecast bash
$ sudo -u growthforecast /home/growthforecast/perl5/perlbrew/bin/perlbrew --notest install perl-5.14.3
$ sudo -u growthforecast /home/growthforecast/perl5/perlbrew/bin/perlbrew switch perl-5.14.3
$ curl -L http://cpanmin.us/ | perl - App::cpanminus
$ cpanm -n GrowthForecast
$ exit

daemontoolsで監視

Ggrowthforecast.plはWebサーバとWorkerを子プロセスとして起動するが,そのへんは良い感じに監視してくれるらしいので,親プロセスだけdaemontoolsで監視する. Proclet という supervisor モジュール書いてリリースした - blog.nomadscafe.jp

daemontoolsで起動するスクリプトを作成

$ cd /home/growthforecast
$ sudo -u growthforecast curl https://gist.github.com/y-uuki/4957550#file-growthforecast-run-sh > run.sh
$ sudo -u growthforecast curl https://gist.github.com/y-uuki/4957550#file-growthforecast-log-run-sh > log.run.sh
$ sudo -u growthforecast chmod +x run.sh log.run.sh

今回は以下のようなスクリプトを作成した.

$ sudo mkdir -p /etc/service/growthforecast
$ sudo chown growthforecast:growthforecast /etc/service/growthforecast
$ sudo -u growthforecast ln -s /home/growthforecast/run.sh /etc/service/growthforecast/run
$ sudo -u growthforecast mkdir -p /etc/service/growthforecast/log/main
$ sudo -u growthforecast ln -s /home/growthforecast/log.run.sh /etc/service/growthforecast/log/run

$ sudo apt-get install daemontools daemontools-run svtools
$ sudo reboot
$ sudo svc -u /etc/service/growthforecast

デーモンの起動・停止

$ sudo svc -u /etc/service/growthforecast # UP
$ sudo svc -d /etc/service/growthforecast  # DOWN

logをみる

$ tail -F /etc/service/growthforecast/log/main/current

log/main/currentが作成されていないかつlog/superviseが存在しない場合,svscanがlogディレクトリを検出していないので再起動すればよい.

感想

GrowthForecastはCPANモジュールになっているので,導入が簡単.
daemontools、まともに使ったことなかったけど,便利そう.
温度取得してGrowthForecastに投げるスクリプトはまた今度.

参考